ポスドク研究員

田中雅大(Masahiro TANAKA)

Tanaka

所属・学年:環境学研究科 社会環境学専攻(日本学術振興会特別研究員PD)

最終学歴:首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 博士後期課程

学位:博士(地理学)[首都大学東京]

専門分野:社会地理学、地理情報科学、障害の地理学、批判地図学

プロフィール:地図・GISといった地理情報技術が有する社会的・政治的可能性と問題について研究しています。特に視覚障害者に焦点を当て、触地図や音声地図といった非視覚的地図の空間的生産過程と、その過程の中で生まれる障害・自立・エンパワーメントについて検討しています。また、当事者参加型の点字ブロック敷設状況地図・データベース制作活動にも取り組んでいます。

研究業績: 1) 田中雅大 2012. 日常的移動行動との関連でみた都市空間における認知距離の質的側面—金沢市の大学生の事例—. 人文地理 65: 47-62.
2) 田中雅大 2015. 地理空間情報を活用した視覚障害者の外出を「可能にする空間」の創出—ボランタリー組織による地図作製活動を事例に—. 地理学評論 88: 473-497.
3) 田中雅大 2016. 東京都におけるバリアフリー重点整備地区の設定方法の検証. 人文地理 68: 195-210.

受賞: 1) 2016年度日本地理学会賞(優秀論文部門)受賞

ページのトップへ戻る


博士後期課程(博士課程)

氏名のあとの*印は10月入学の大学院生です。無印は4月入学です。

山本晴奈(Haruna YAMAMOTO)

Yamamoto

所属・学年:博士後期課程5年

最終学歴:名古屋大学大学院環境学研究科 修士課程

専門分野:人文地理学(研究キーワード:都市緑化、住民、都市自然、オープンスペースの利用と管理、鉢植え、雑草)

プロフィール:国際基督教大学教養学部国際関係学科卒。都市空間において住民の日常的な習慣や行為が緑の生育・管理にどのようにかかわるのか、をテーマに研究を行っています。現在は名古屋市における公園愛護会活動の調査に取り組んでいます。

研究業績: 1) 山本晴奈 2017. 名古屋市那古野地区における街路への鉢植えのあふれ出しと住民管理. 地理学評論 90(2), 86-104.

崎田誠志郎(Seishiro SAKITA)*

Sakita

所属・学年:日本学術振興会特別研究員DC2(博士後期課程3年)

最終学歴:名古屋大学大学院環境学研究科 修士課程

専門分野:漁業地理学、漁場管理、コモンズ

プロフィール:埼玉県所沢市出身。立教大学文学部卒。地理学においてはやや特殊な、人間活動の場でありながら地面のない「漁場」という空間を対象としています。特に、沿岸域における小規模漁業の漁場管理が、ローカルな地域の社会経済の特徴や漁場の自然環境、漁場利用の動態、漁場管理に関わる公的な制度などといかに関係しながら存続・変容しているかを追求しています。

研究業績: 1) 崎田誠志郎 2015. 広域漁協下における漁場管理の構造と変容─和歌山東漁協を事例として─. 人文地理 67, 283-305.
2) 崎田誠志郎 2016. 宝石サンゴの価格高騰に伴う地域漁業の変容─高知県柏島の事例─. 地域漁業研究 56(2), 1-29.

受賞: 1) 第16回(2016年)人文地理学会賞 論文部門 受賞

宋 姍(Shan SONG)*

Song

所属・学年:博士後期課程3年(中国国家建設高水平大学公派研究生)

最終学歴:中国・同済大学大学院建築・都市計画研究科 修士課程

専門分野:aging society (高齢化社会)、the demands of the elderly people (高齢者需要)

プロフィール:Hi. I am SONG Shan (sounding like "sunshine"), the Chinese student of doctoral course. My hometown is Jinan, the capital of Shandong Prov., famous as the Spring City for having a lot of springs around. After graduated from Tongji Univ., Shanghai, I came to Japan to continue my research on aging issues. My research topic is about the aging society and the demands of the elderly people. In my spare time I like reading and traveling, because they are the good ways to understand the world, I think.

南宮智娜(Zhina NAN'GONG)

Nan'gong

所属・学年:博士後期課程3年

最終学歴:名古屋大学大学院環境学研究科 修士課程

専門分野:観光地理学

プロフィール:近年観光客の流動が最も激しい日本、中国、韓国三カ国を研究対象としています。今までは、韓国と日本の旅行ガイドブックにみる東京の観光名所の出現頻度と空間分布、日本、中国、韓国相互間のパッケージツアーの特徴に着目してきました。最近はこれらのパッケージツアーが旅行会社によってどのように作られているのか、旅行会社におけるパッケージツアーの企画、造成、販売、実施の過程を追求しています。


石井祐次(Yuji ISHII)

Ishii

所属・学年:日本学術振興会特別研究員DC1(博士後期課程3年)

最終学歴:名古屋大学大学院環境学研究科 修士課程

専門分野:地形学、堆積学

プロフィール:河川の挙動とそれに関連する地形変化に興味があります。修士課程までは現地調査を中心として、北海道の石狩低地における氾濫原の発達(河成層の堆積様式,氾濫堆積速度,河川の蛇行など)に着目してきました。今後はほかの蛇行河川に着目すると同時に、蛇行河川のみられる氾濫原の発達に関してより数理的にアプローチしていきたいと思っています。

研究業績: 1) Ishii, Y. 2017. Holocene floodplain evolution in the Shiribeshi-Toshibetsu River lowland, northern Japan. Geomorphology, 292, 25–34. DOI: 10.1016/j.geomorph.2017.04.040
2) Ishii, Y., Hori, K., Momohara, A. 2017. Middle to late Holocene flood activity estimated from loss on ignition of peat in the Ishikari lowland, northern Japan. Global and Planetary Change, 153, 1–15. DOI: 10.1016/j.gloplacha.2017.04.004
3) 石井祐次 2017. 石狩低地における湾頭デルタの前進とデルタブレインの発達. 地理学評論 90(2), 105-124.
4) Ishii,Y., Hori, K., Momohara, A., Nakanishi, T., Hong, W. 2016. Middle to late-Holocene decreased fluvial aggradation and widespread peat initiation in the Ishikari lowland (northern Japan). The Holocene 26: 1924-1938., DOI: 10.1177/0959683616646189
5) Ishii, Y. and Hori, K. 2016. Formation and infilling of oxbow lakes in the Ishikari lowland, northern Japan. Quaternary International 397: 136-146. doi:10.1016/j.quaint.2015.06.016
6) 石井祐次・伊藤彩奈・中西利典・洪 完・堀 和明. 2014. 石狩低地内陸部で採取されたIK1コアが示す完新世の堆積環境・堆積速度の変化. 第四紀研究 53(3): 143-156.

グエン・ティ・ホン・ノック(NGUYEN Thi Hong Ngoc)*

Nguyen

所属・学年:博士後期課程2年(ベトナム政府国費留学生)

最終学歴:Master of Environmental Management, Hanoi University of Science

専門分野:環境管理(Environmental Management)

プロフィール:Hello, my full name is Nguyen Thi Hong Ngoc (my name means Ruby – a kind of precious stone), so you can call me Ruby. My hometown is Hanoi city, the capital of Vietnam, where is very beautiful in autumn season. There are many famous foods, such as Phở - a kind of noodle, Nem - spring roll, especially because there is a tropical country so we have many delicious fruits…. After graduated from Hanoi University of Science, I came to Japan to study PhD course. My research topic about the sustainable livelihood in highland region for ethnic and poor groups in Vietnam in order to help them develop economics, education… under climate change, now. In my spare time, I like shopping, chatting, watching TV and cooking. I am very happy to make friends with many people.

カムプー・プイヤヴォン(Khamphou PHOUYYAVONG)*

Khamphou

所属・学年:博士後期課程2年(アジアサテライトキャンパス学院)

最終学歴:M.S. in Regional and Rural Development Planning, Asian Institute of Technology (AIT)

専門分野:農林業政策(Agricultural and Forestory Policy)

プロフィール:Hello every one, my name is Khamphou (kham=gold, phou=mountain). The meaning of that is golden mountain or mountain with full of resources. I am originally from Luang Prabang, mountainous province in northern Laos. Therefore my name represents where I was born. It is great honor to study Ph.D at Nagoya University where considered as a world-class research university. My research topic is about adoption of agricultural technologies as a contribution to rural development. I hope that the appropriate technologies can help farmers in rural areas to cope with difficult situations such as climate change, market integration, resources and environment degradation.

ドディ・ウィディヤント(Dodi WIDIYANTO)*

Dodi

所属・学年:博士後期課程1年(インドネシア政府国費留学生)

最終学歴:Master of Regional Development, the School of Geography, Planning, and Environmental Management, the University of Queensland, Australia

専門分野:ローカルフード作物(Local Food Crops)

プロフィール:My name is Dodi Widiyanto. My study is funded by Beasiswa Unggulan Dosen Indonesia (BUDI) from The Ministry of Research, Technology and Higher Education and LPDP (Indonesia Endowment Fund for Education) – the Ministry of Finance. My hobby is playing badminton, football, futsal, and reading books.

研究業績: 1) Dodi Widiyanto and R. Rijanta 2012. Lingkungan Kota Layak Anak (Child-Friendly City) Berdasarkan Persepsi Orangtua di Kota Yogyakarta. Jurnal Bumi Lestari 12(2): 211-216.
2) Raden Rijanta, Dodi Widiyanto, Toekidjo Toekidjo and Sri Sulistyani 2013. Factors Constraining Local Food Crop Production in Indonesia: Experiences from Kulon Progo Regency, Yogyakarta Special Province. Romanian Review of Regional Studies IX(1): 99-108.

アリウナ・チャドラーバル(ARIUNAA Chadraabal)*

Ariunaa

所属・学年:博士後期課程1年(アジアサテライトキャンパス学院)

最終学歴:Master of Environmental Management and Development, Crawford School for Public Policy, Australian National University

専門分野:環境・災害管理(Environmental and Disaster Management)

プロフィール:I am Ariunaa Chadraabal from Mongolia. I'm doing my research on dzud (extreme winter weather related natural hazard) prevention and response. Specifically, I more focus on government actions and its effects on dzud management. I did some minor research portfolio during my master study.

内山琴絵(Kotoe UCHIYAMA)

Uchiyama

所属・学年:博士後期課程1年

最終学歴:名古屋大学大学院環境学研究科 修士課程

専門分野:人文地理学、災害研究

プロフィール:災害に対する弱さである脆弱性とはどのようなものであり、被害や復興とどう関わってくるのか、ということに関心があります。時や場所、状況が異なるために、世の中に全く同じ災害はないので、個別事例を全体にどのように位置付け、人文地理学からアプローチしていけばよいのか考えています。

シャリファ・アニ・ダリマンテ(Syarifah Aini DALIMUNTHE)

Syarifah

所属・学年:博士後期課程1年

最終学歴:Master of Watershed and Coastal Management and Planning, the Faculty of Geography, Gadjah Mada University, Indonesia

専門分野:Disaster Risk Reduction and Environment

プロフィール:Hey! I am Syarifah Aini Dalimunthe. Currently doing research in community participation within Ecosystem Based Disaster Risk Reduction (Eco DRR) initiative. My study was fully supported by RISET Pro scholarship from the Ministry of Research, Technology and Higher Education Indonesia. I am a museum geek and traveling to new places is my hobby. My future travel goal is Trans-Siberian railway.

研究業績: 1) Copsey,T., Dalimunthe,S. A., Hoijtink, L., Stoll, N. 2013. How the People of Indonesia Live With Climate Change and What Communication Can Do. Climate Asia Report. BBC Media Action.
2) Dalimunthe, S. A. 2014. Supporting Urban Poor Facing Climate Change : Creating Effective Adaptation Messages. Jurnal Kependudukan Indonesia 9(2): 37-148.
3) Dalimunthe, S. A. 2015. Kalimantan Life on The Edge : What People Know About Climate Change. The 4th International Symposium for Sustainable Humanosphere 2014. Bandung: Research Center for Biomaterial, 167-174.
4) Dalimunthe, S. A. and Putri, I. P. 2016. CERAM : An Investigation of Response to The Changing Climate in Greater Jakarta. Jurnal Sosioteknologi ITB 15(2): 298-308. doi: 10.5614%2Fsostek.itbj.2016.15.02
5) Dalimunthe, S. A. and Putri, I. P. 2017. Mangrove Rehabilitation in Seribu Islands at the Crossroad of Awareness and Tokenism. In R. DasGupta and R. Shaw (Eds.), Participatory Mangrove Management in a Changing Climate Perspectives from the Asia-Pacific, Japan: Springer, 229-245. doi:10.1007/978-4-431-56481-2_15

ページのトップへ戻る


博士前期課程(修士課程)

氏名のあとの*印は10月入学の大学院生です。無印は4月入学です。

北山眞之(Masayuki KITAYAMA)

Kitayama

所属・学年:博士前期課程3年

最終学歴:愛知教育大学教育学部

専門分野:バックパッカー、ゲストハウス

プロフィール:青森県弘前市出身。愛知教育大学地域システム講座から名古屋大学地理学講座に進学してきました。バックパッカーやゲストハウスなど、放浪旅行者に関して興味を持ち、研究テーマとして取り組んでいます。研究対象地域としてはタイ、ラオス、カンボジア、ベトナムなど、多くのバックパッカーが訪れる地域を対象として活動をしています。

石川慶一郎(Kei'ichiro ISHIKAWA)

Ishikawa

所属・学年:博士前期課程2年

最終学歴:新潟大学教育学部

専門分野:都市地理学,ハウジング研究

プロフィール:新潟市出身。都市の住宅や居住とそれらをめぐる社会問題に関心があります。具体的には、新自由主義的な改革と都市の居住地域構造との関係について、公共住宅やその居住者に着目して研究しています。どこでだれがどのように住み、それはいかにして決まるのか、それに抗うことはできるのか、という点を日々考えています.

柏木純香(Sumika KASHIWAGI)

Kashiwagi

所属・学年:博士前期課程2年

最終学歴:名古屋大学文学部

専門分野:農業地理学

プロフィール:端技術を利用した農業に興味があります。卒業論文では、人工光型植物工場の立地と生産物の流通を取り扱いました。今年度は、農業ITシステムの開発、生産現場での利用に焦点を当て、修士論文を執筆したいと考えております。

加藤亮輔 (Ryosuke KATO)

Kato

所属・学年:博士前期課程2年

最終学歴:長崎県立大学経済学部

専門分野:都市地理学、認知と行動

プロフィール:次日本本土最西端の地、長崎県佐世保市から地元の愛知県に戻ってきました。卒業論文では大学生の空間認知をテーマにして、まちづくりや地域政策にどのように貢献できるかを探りました。今後はより詳細な地域にスポットをあて、地理学・認知と行動という視点から何ができるかを検討していきたいです。

立花耕平(Kohei TACHIBANA)

Tachibana

所属・学年:博士前期課程2年

最終学歴:広島大学文学部

専門分野:社会地理学

プロフィール:なぜ共有資源の管理は難しいのか、どのように管理すればよいのかといったことに興味があります。今後は公共財としての地下水、森林、景観等の保全管理やコモンズ論に関する研究を行いたいと考えています。

松井 歩(Ayumu MATSUI)

Matsui

所属・学年:博士前期課程2年

最終学歴:金沢大学人間社会学域人文学類

専門分野:水産地理学、生業研究

プロフィール:新潟県新潟市出身、金沢大学人文学類から進学してきました。漁業者の生活スタイルと漁場利用形態の関係性に興味を持っており、卒業論文では石川県七尾市をフィールドとしていました。修士研究では沿岸漁業地域の社会、経済構造の歴史的変遷と現在の生業形態、漁場利用形態の結びつきを実証的に明らかにしていきたいと考えています。

張 益川(Yichuan ZHANG)

Zhang

所属・学年:博士前期課程2年

最終学歴:重慶大学外国語学部

専門分野:人文地理学

プロフィール:中国山西省太原市出身。昔から動物に興味があり、現在は中国や日本における牧畜業・畜産業に関心を持っています。今後は牧畜や畜産に対して食料地理学の視点からアプローチしていきたいと思っています。

鈴木悠志(Yushi SUZUKI)

Suzuki

所属・学年:博士前期課程1年

最終学歴:立命館大学文学部

専門分野:人文地理学、防災、企業立地

プロフィール:2016年度まで公立高校の教員をしていました。防災意識と企業立地の関係性をテーマに研究したいと考えています。卒業論文では北海道を研究対象地域に食料品製造業の立地について扱いました。

服田帆乃香(Honoka HATTA)

Hatta

所属・学年:博士前期課程1年

最終学歴:静岡大学情報学部

専門分野:GIS(地理情報システム)

プロフィール:学部時代は、理系で情報学を専攻しており、地理学にあまり詳しくありませんが、GISのゼミに所属していました。今後、GISを使って、何か世の中に役立つ研究をしていきたいです。

前田悠佑(Yusuke MAEDA)

Maeda

所属・学年:博士前期課程1年

最終学歴:名古屋大学情報文化学部 社会システム情報学科

専門分野:社会地理学、人口地理学、マイグレーション、移動

プロフィール:東京都国立市出身。マイグレーションをはじめとする、ヒトやモノの移動に興味関心があり、地理学や人口学、社会学など学問横断的にアプローチを試みたいと考えています。今後は東南アジアに焦点を絞り、グローバリゼーションの進展など社会環境が変化する過程で、地域における移動がどのように移り変わったのかについて取り組む予定です。

米原和哉(Kazuya YONEHARA)

Yonehara

所属・学年:博士前期課程1年

最終学歴:信州大学教育学部 学校教育教員養成課程

専門分野:地形学

プロフィール:鳥取県三朝町(みささちょう)出身。河川・海の変化に対応した地形全般に興味があります。卒業論文では新潟県西部西頸城丘陵沿岸の海成段丘の編年と旧汀線高度から後期更新世以降の地殻変動様式について扱っています。今後は、完新世以降の河川や海に対応した地形や堆積構造が、人工物や開発によってどのように影響を受けるのかについて研究を行っていきたいと考えています。

ページのトップへ戻る


研究生

劉 思琪(Siqi LIU)

Liu

所属・学年:文学部 研究生

最終学歴:西安翻訳学院欧亜学部

専門分野:人文地理学

プロフィール:中国陝西省西安市出身。人間の力では、自然災害に抵抗できないですが、緊急の場合に備えた正しい防災制度は重要だと思います。順調に救済行動を行えば、国民の命、それから物質的にも救援できます。これからは水害について研究し、自治団体における水害復興制度に関する検討したいと思っています。

エステール・フランスワ(Estelle FRANCOIS)

Francois

所属・学年:文学部 研究生(M2)

最終学歴:パリ・ソルボンヌ大学(パリ第四大学)地理学教室

専門分野:食料の地理学

プロフィール:I'm a French graduate exchange student from Paris-Sorbonne University. My research area is Food Geography, in particular the culture and cultivation of matcha in Nishio and the ways this inherently Japanese production can be protected through Geographical Indication. In the same manner in which local food specialties are protected from counterfeit in France, I believe Japanese products may also enjoy the same protection through the implementation of GI by the Japanese law. Needless to say, some areas have begun to implement GI as a means to protect their products, such as Kobe beef producers.

ページのトップへ戻る