沿革

空中写真

 名古屋大学地理学教室は、1950年4月に文学部史学科地理学講座としてスタートしました。当時のキャンパスは名古屋城内にあり、地理学教室は旧歩兵第六聯隊兵舎を利用していました。この建物は、今も明治村に保存されています。
 1950年代半ばから教員4名体制が確立、1963年には現在の東山キャンパスに移転し、充実した環境の中で先進的な研究教育活動を行い、多彩な人材を輩出してきました。
 2001年には、大学院環境学研究科の設立にともない本拠を新築の環境総合館に移すとともに、大学院は3名の教員を加えて7名体制となりました。
 そして2017年には、大学の学部改組に伴い、情報文化学部の教育を担っていた教員2名が、文学部に移ることになりました。これまで、地理学の学部教育は、文学部と情報文化学部の2つの学部で担っていたのですが、学部での地理学の教育が文学部に一本化されることになり、今日に至っています。

ページのトップへ戻る


設備

図書

Journals

 環境総合館の地理学教室内および文学部の書庫に地理学関係の和書・洋書を揃え、教室内で貸与管理をしています。

 また、中央図書館には、国内外の地理学学術雑誌のバックナンバーが揃っており、現在は電子ジャーナルでほぼ全ての主要な地理学関係の学術誌を読むことができます。



研究室・情報室

Inseishitsu
Ochashitsu
Pasobeya

 環境総合館には、大学院生用の研究室があり、机と本棚が用意されています。365日24時間の利用が可能です。大学院生は、各自のPCをネットに接続することができます。また、研究に必要な高価なソフトウェアがインストールされている共用PCが4台あり、大学院生はそれらのPCを自由に使うことができます。なお、名古屋大学ではESRI社とサイトライセンスの契約を結んでいるため、学生はArcGISを無料で使うことができます。

 休憩や昼食を取るだけではなく、学生が相互に議論を交わすためのスペースがあり、そこには最新の学術雑誌とコピー機が置かれています。コピーは、研究・学習目的であれば、上限無しで自由に使うことができます。

 環境総合館の地理学教室情報室には、空間分析に必要な以下のPCおよび周辺機器が備えられています。学部生と大学院生は自由に使うことができます。

  • Windows PC 12台
  • モノクロレーザープリンタ 1台
  • カラーレーザープリンタ 1台
  • 大型プリンター(PX-H10000) EPSON
  • 大型スキャナ[A0対応](CSX300) GRAPHTEC
  • 大型フラッドヘッドスキャナ[A3対応](ES-H7200) EPSON


実験室

 環境総合館および文学部棟には、自然地理学(地形学)の研究に必要な以下の実験施設・装置・フィールド機材を備えています。

Labo1
Labo2
Labo3
  • ドラフトチャンバー(ヒュームフード)(RFS120) YAMATO
  • レーザ回折式粒度分布測定装置(SALD-3000J) SHIMADZU
  • 画像解析式粒度分布測定装置(CAMSIZER XT) RETSCH
  • 電磁式ふるい振とう機(AS200) RETSCH
  • 電気マッフル炉(FUL220FA) ADVANTEC
  • 卓上小型遠心機(2410) KUBOTA
  • ウォーターバス(BS400) YAMATO
  • ブランソニック卓上型超音波洗浄器(2510)YAMATO
  • マグネットスターラー(C-MAG HP7) IKA
  • 定温乾燥機(DX-61) YAMATO
  • 汎用電子天びん(GF-200) AND
  • パーソナル電子天びん(EK-6100i) AND
  • 実体顕微鏡(SMZ745T) NIKON
  • 生物顕微鏡(ECLIPSE Ci-L) NIKON
  • 生物顕微鏡(BH2) OLYMPUS
  • 顕微鏡用デジタルカメラ(DS-Fi2/L3)NIKON
  • ハンディジオスライサー 復建調査設計
  • ハンドオーガー
  • オートレベル
  • GNSS受信機(ProMark 120) ASHTECH
  • 地中レーダー(GPR)
  • レーザ測量機
  • ランドストリーマー

ページのトップへ戻る