研究について


研究分野

地理学,地形学,堆積学


研究対象と内容(工事中)

沖積低地(デルタやエスチュアリー)
 ボーリング堆積物(沖積層)・既存ボーリング資料などの解析(堆積相解析・軟X線写真撮影・粒度組成・年代測定値など)にもとづいて沖積低地を構成する堆積物の特徴を明らかにする.さらに,最終氷期最盛期(約18000年前)以降の氷河性海水準変動・気候変動に対する低地の応答過程を議論する.
 最近は,濃尾平野などで沖積低地表層を構成する氾濫原の形成過程を調査している.

サンゴ礁地形(昔の研究)
 最終氷期最盛期以降の海水準変動とサンゴ礁地形の発達過程との関係を検討する.

GISを用いた人口データ解析(予定)


研究地域(これまでに研究をおこなってきた場所)

愛知県:豊川中・下流域

琉球列島:島棚地形

中国:長江デルタ

ベトナム:紅河デルタ

シリア:Tell Seker al-Aheimar (ハブール河沿い)

中国:エジナ旗

タイ:アンダマン海沿岸

岐阜県・愛知県:濃尾平野

チリ:パタゴニア氷原およびその周辺

トップページへ戻る